TEL:072-762-2077
FAX:072-762-2407

司法書士> 不動産登記

不動産登記

不動産登記とは、土地や建物の現況や、権利を公示(誰でも知ることが出来る)する制度です。

現況とは?

1.土地や、建物の場所がどこにあるのか。
2.その土地や建物が、どのような利用目的で存在しているのか。
3.その土地や建物が、どれぐらいの大きさなのか。

権利とは?

1.その土地や建物の所有者が誰なのか。
2.抵当権や借地権などの権利があるのか。

簡単に記載しますとこのようなことが登記記録には記録されております。


土地家屋調査士・司法書士は、不動産の登記についての手続きを行い 不動産の物理的現況権利の状況を登記記録に反映させ
みなさんの権利保護・取引の安全・円滑に貢献しています。

●こんな場合にご相談下さい。

土地家屋調査部門
建物に関する相談
1.新しく建物(住宅や店舗等)を建てた
2.建物に増改築を行なった
3.建物を解体した

土地に関する相談
1.駐車場として使っていた土地に家を建てた
2.土地の面積が登記記録と違っていた
3.土地の一部を分けたい
土地の境界をはっきりさせたい
直接、登記申請とは関係しませんが、地積更正登記や分筆登記との関連性はあります。


司法書士部門
1.土地や建物を売買、贈与したとき
2.相続が発生したとき
3.住宅ローンの支払いが完了したとき


※ここでは、一般的な登記申請を記載してみました。その他にも様々な登記申請があります。
少しでも疑問や不安がありましたら、当事務所の無料相談をご利用下さい。