TEL:072-762-2077
FAX:072-762-2407

司法書士 > 過払金返還請求

過払金返還請求


消費者金融業者は利息制限法の上限利率を超える出資法上の上限利息で貸付をしていることが多いので、
利息制限法上の利息に基づいて今までの支払い分を計算し直すと(これを引直計算といいます)過払い金が
発生する場合があります。
その過払い金を消費者金融業者に返還請求する手続きです。

支払歴の短い方や借入れ方法、支払い方法によっては過払い金が発生しないケースもあるのでご注意下さい。


クレーゾーン金利

消費者金融などの金融機関の金利には、「利息制限法」で決められた金利と「出資法」で決められた
金利の2種類があります。
利息制限法は、元本10万円未満の場合は年20%、元本10万円以上100万円未満の場合は年18%、元本100万円以上の場合は年15%を上限金利として定めており、この制限を超えた利息の支払いは「無効」とすると規定しています。
一方、出資法の上限金利は29.2%となっています。
原則としては、消費者金融等の金融機関は利息制限法の上限金利までしか利息を取ることができませんが、貸金業規制法で定められた条件を満たした場合は出資法の上限金利までの利息をとることが可能です。

この2つの法律で定められた金利の差の部分がグレーゾーン金利です。