TEL:072-762-2077
FAX:072-762-2407

司法書士 > 商業登記

商業登記


商業登記とは、法人についての情報を登記簿に記載する手続を言います。
管轄する法務局では、会社の商号や本店所在地、業務内容や取締役は誰かといった情報を管理しています。
そして、その登記事項に変更が生じた場合は、原則2週間以内に変更の登記をしなければなりません。
もし、この登記を忘れていた場合や大幅に遅れた場合は、行政罰として、過料に処せられる場合があります。

法人の登記事項につき変更が生じた場合は、司法書士にご相談下さい。


簡易・迅速な手続き


_饉辧△修梁硝/妖を設立したい方

定款の作成・認証、法務局へ提出する書類一式を作成します。
当事務所から、決めて頂く事項をご案内しますので、それに基づきスムーズに設立の手続を行います。
また、現在は資本金の額に制限がありませんが、許認可を取るためには最低限積むべき資本金額が
あったり、逆に高くしすぎると税金面で不利になることもあります。

☆電子定款に対応しているので、定款に貼る4万円の印紙が不要。
☆総合事務所であるので、税金・許認可・労務手続の各相談もまとめてOK
☆少人数の事務所ではないため、急な依頼でもいつでもスピーディーに対応





¬魄の変更の手続を考えている方

平成18年の会社法施行に伴い、役員の人数を1人にしたり、任期を10年に延ばしたりすることが
可能となりました。
役員を変更した場合は、登記する必要がありますので、ご相談下さい。




商号・目的の変更等、定款の変更を考えている方

定款を変更するための株主総会議事録等の作成、変更登記を行います。




せ駛楸發料加を考えている方

事業規模拡大のため増資する場合も、こちらで議事録の作成及び必要な手続きをアドバイス致します。




ス臺察Σ饉卻割等、会社の再編を考えている方

スケジュール表の作成・期日管理を行い、円滑に手続きをすすめられるようサポート致します。

☆設立同様、各種士業と連携して、ワンストップサービスを実現します。
☆近年も合併等の手続きを何度か経験しているので、安心してご依頼頂けます。